医師事務作業補助の詳細が知りたい【資料請求が簡単】

施術道具

学歴で決める

鍼灸の資格を取るためには、専門の学校に行かなければなりません。自分の学歴に応じて学校を選びましょう。高卒の方だったら、専門学校か大学、または短期大学になります。大学を出ている方は、もう一度学校に入り直す必要があります。

学生

人の体を助ける資格

医療関連の国家資格のほとんどは、大学で学ぶなど長期間の学習を要されるものが多くあります。その一覧の中に新たに公認心理師という心理学初の国家資格が誕生され、それも大学院を修了して受験資格を得ることができます。

記事リスト

婦人

医師事務の専門家になる

医師事務作業補助は、医師の負担軽減を図る目的で医療現場における文書作成やデータ整理等に係る補助的な業務に従事する職種です。導入する医療機関が増えていることから需要がが高く、民間の検定資格も人気を集めています。

鍼灸

資格を得るために

鍼師や灸師になるには、養成校で学び、国家試験に合格する必要があります。早く働きたいなら専門学校、より深く鍼灸について学びたいなら大学がおすすめです。働きだすと、知識も大切ですが、技術力がより重要となりますので、実習重視の学校がおすすめです。見学会などには参加して、学校の雰囲気も確認しておきましょう。

ウーマン

将来就きたい仕事の為に

日本の資格は多く、民間資格・国家資格に大別されます。その中で国家資格はさらに業務独占資格と、名称独占資格があります。分野毎に資格は細かくあり、自分の将来に必要な資格がどれか分かり難い場合があります。その際は養成機関の資料や、国家資格の一覧をまとめているサイトを参考にすると良いでしょう。

業務の補助を行う仕事です

女性

負担を軽減する業務です

医療の現場では医師は診察や治療などの他に、様々な医療事務を行う必要があります。医師にかかる負担軽減の為に2008年に、厚生労働省が配置することを推奨したのが医師事務作業補助者です。ドクターズクラークとも呼ばれていて、医師が医療業務に集中することが出来る存在となっています。業務内容としては病院によって様々ですが主なものとして、診断書を新規に作成したり診察で得た情報をカルテへ入力することの代行作業、また処方箋を作成したり必要な検査の予約を取ったりと多岐に渡ります。大学病院や総合病院など1日の診察患者数が多い、規模の大きな病院などで医師事務作業補助者は働く場合が多いです。医師事務作業補助者になる為には特段免許や経験が必要はなく、そのかわり病院内での研修が必須となる場合が多いです。絶対に必要な免許や経験がなくても医師事務作業補助者になれる反面、必要となるのがコミュニケーション能力です。医師や病院で働く看護師や検査技師や薬剤師、また病院で働く事務職員との連絡を密に取ることが求められるので、上手に関係を構築出来るコミュニケーション能力が必要となります。海外では医師事務作業補助者の歴史は古く、医療の現場では必要不可欠な存在となっています。日本では厚生労働省が推奨した2008年以降導入する病院増加していて、昨今問題となっている医師の業務負担を周囲のサポートによって軽くする、医師事務作業補助者は定着しつつあります。