医師事務作業補助の詳細が知りたい【資料請求が簡単】

記事リスト

学歴で決める

施術道具

3年間学ぶ

鍼灸について勉強するためには、専門学校に行かなければなりません。そこで専門的な知識を学び、その後に国家試験を受けます。この国家試験に合格すれば、鍼灸師として働けるようになります。文部科学省によって指定された学校で学ばなければ、鍼灸の国家試験を受けることができません。高卒の方だったら、鍼灸の勉強ができる専門学校に行くのが一般的な方法です。専門学校で3年間学べば、国家試験を受ける資格を得られるようになります。大学や短期大学もあります。こちらの数はやや少ないです。大学は4年間、短期大学は3年間の課程になります。大卒の資格が欲しい場合は、このコースを選んでも良いでしょう。社会人の方は、もう一度学校に入り直す必要があります。上記に書いたような学校がありますが、働きながら学ぶのが良い方法です。働いていれば、稼いだお金を学費に使えます。専門学校の中には夜間に授業を行うところがあるので、そこを選ぶようにしましょう。鍼灸師になるために必要なことは、まず専門的な知識を身に付けることです。医学についてしっかり学ばなければなりません。学校では医学概論の授業があります。それから働き始めた時に必要になるスキルを学ぶことも、大切になります。鍼灸師として働いた経験のある人が講師をしている学校だったら、実践的なことを学べます。ホームページなどを参考にし、講師の先生の経歴を見て、現役の鍼灸師として働いている人が多くいる学校を選びましょう。