医師事務作業補助の詳細が知りたい【資料請求が簡単】

記事リスト

医師事務の専門家になる

婦人

需要は年々増加中

最近、医療関連の職種の中でも人気を集めているものの1つに、医師事務作業補助があります。医師事務作業補助とは、名前からも分かる通り医師が行う事務作業を補助し、時にはその一部を代行したりする仕事です。公的な資格はなく、原則的には誰でも従事することが可能です。ただ複数の民間団体が検定制度を設けており、合格者は専門知識の持ち主と認められるため、就職の際にアピールすることができます。医師事務作業補助が人気を集めているのは、この職種を導入することで医師の負担軽減が図れるとして医療現場での需要が増加しているためです。俗に「3時間待ちの3分医療」などと言われることもあるように、医療サービスに関する需給のアンバランスは大病院を中心にかなり深刻な状況となっています。これは主に医師の絶対数が不足していることに起因していますが、医師が事務作業に忙殺され、診察や治療に十分な時間を割けないことも影響していると言われています。こうした問題を解決するのに役立つものと期待されているのが、医師事務作業補助です。診断書や紹介状などの文書作成、電子カルテの入力、学会発表のためのデータの取りまとめといった事務作業を手伝ったり代行したりすることで、医師が本来業務に集中できる環境を整えることができると考えられているのです。医師事務作業補助の検定資格を取得するための勉強の機会は、専門学校や資格スクール等で得られます。通学講座の他、通信講座を設けているところもあります。