自分のペースで

ナースステーションの看護師

最近では、待ち合わせやちょっとした軽食も楽しめるカフェ。ちょっとした時間でも立ち寄れて、主婦同士でお茶をしながら会話も出来る公共場として人気です。そんなカフェを開業してみたいという方にはおススメです。開業費にかかる費用をまず知っておきましょう。まずは、資格ですが調理士の資格をお持ちの方はその中に含まれているので必要ありませんが「食品衛生責任者」という資格がないと、まずは開業はできません。持っていない人でもそれだけがあれば何も資格は要りません。一日5時間の講習と小テストで一万円ほどかかります。次に、場所選びが大切となります。人がたくさん通る場所がおススメです。そして、建築費用。最近では、自宅有効活用してお店を出すことで費用はあまりかかりません。また、自分の都合で出来る範囲の仕事ができるので人気です。

今では、待ち合わせや読書のほかに猫好きのために猫にいつでもふれあえる「猫カフェ」や魚好きのための「魚カフェ」などの個性的なお店も増えています。また、忙しい仕事の合間でも大学生の卒論準備などで使用できるように無料のインターネット回線を入れたハイテクなお店が増えている。そんな、落ち着いた空間とインテリアはいつから日本にやってきたのでしょうか。それは昔からあるヨーロッパのカフェテリアからヒントを得て日本にやってきたと言われています。日本には「喫茶店」明治からありましたが、今みたいな路上に椅子があったり、セルフサービスがありませんでした。しかし、本場のパリをイメージした風俗店からなったと言われています。そこから、風俗店への法律も厳しくなり現在の飲食店のみの状態へ続きます。カフェは昔から、空間づくりに力を入れ今では多くの開業者が増えました。